Maria Sharapova & Andy Roddick

Maria Sharapova & Andy Roddick

アンディロディックも登場します。
アンディのプロフィールは ↓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
アンディ・ロディック

基本情報

英語名 Andy Roddick
フルネーム Andrew Stephen Roddick
愛称 アンディ
国籍 アメリカ合衆国
出身地 同・ネブラスカ州オマハ
生年月日 1982年8月30日
身長 187cm
体重 88kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴

デビュー年 2000年
ツアー通算 24勝
シングルス 21勝
ダブルス 3勝
4大大会最高成績

全豪 ベスト4(2003・05・07)
全仏 3回戦
全英 準優勝(2004・05)
全米 優勝(2003)
優勝回数 1
キャリア自己最高ランキング

シングルス 1位
ダブルス 87位
Template
アンディ・ロディック(Andy Roddick, 1982年8月30日 - )は、アメリカ・ネブラスカ州オマハ出身の男子プロテニス選手。2003年の全米オープン男子シングルス優勝者である。世界最高速度を誇り、同時に抜群の安定感を持つサーブを最大の武器とする。いかにもアメリカの若者らしい、率直な感情表現でも人気がある。

2001年春から頭角を現し、アメリカが待ち望んできた男子テニス界の新星として期待を集め始める。
2003年全米オープンの男子シングルスで4大大会初優勝。
決勝戦では当年度の全仏オープン優勝者、ファン・カルロス・フェレーロ(スペイン)を ストレートで圧倒。
ウィンブルドン選手権では2004年と2005年の2年連続
決勝でロジャー・フェデラーに敗れて準優勝になった。
(フェデラーには2003年の同大会準決勝でも敗れているため
3年連続の苦杯となる。)
2005年の全米オープンでは、1回戦でルクセンブルクのギレス・ミュラーに不覚を取りストレートで敗退した。

ロディックは4大大会では決勝や準決勝といった大舞台でたびたびフェデラーに敗れており
フェデラー時代の引き立て役になってしまっているのが現状。
今後キャリアを形成していく上で
打倒フェデラーは大きな課題であろう。

ロディックはその人気を生かし、児童虐待などの防止を呼びかけるチャリティーリストバンドをプロデュースするなど、社会的な活動も積極的に行っている。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40300333

この記事へのトラックバック

テニスがためになる
Excerpt: 10歳頃からスペインにテニス留学していた、ロシアのマラト・サフィンと同じアカデミーで育っている。このため、プロ転向後の2人の対戦では、お互い手の内を知り尽くしており、サーフェスによっては勝敗に大きな..
Weblog: テニスがためになる
Tracked: 2007-08-04 00:38

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。